人気の恐竜の種類を大きさ別に紹介!超小型恐竜から超大型恐竜まで人気恐竜の種類を解説してみた

人気の恐竜




どうも、@mystery777です。

今から約2億3000万年前に登場したとされる恐竜ですが、一言で恐竜と言っても現在分かっているだけでもかなりの種類の恐竜が存在します。

巨大な恐竜から小さな恐竜、空を飛ぶ恐竜や海を泳ぐ恐竜など、見た目も特徴も異なる様々な恐竜が存在するのです。

ここではメジャーな恐竜からちょっとマイナーな恐竜まで、人気の高い恐竜を大きさ別にわかりやすくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

体長1m以下の人気の恐竜

エオラプトル

エオラプトル

全ての恐竜の共通の祖先と言われている最古の恐竜です。体長は1mほどで、恐竜時代の黎明期に誕生したためエオラプトルには「夜明けの略奪者」という意味が込められています。

名前 エオラプトル
名前の由来 夜明けの略奪者
分類 竜盤目
生息時代 三畳紀後半
体長 約1m

コンプソグナトゥス

コンプソグナトゥス

とても小さく体長は60センチほどしかない小型の恐竜です。状態の良い化石が見つかっている恐竜の一種で、恐竜は鳥類の祖先という説を重要づける恐竜とされています。

名前 コンプソグナトゥス
名前の由来 かわいいアゴ
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 ジュラ紀後半
体長 約60cm

ミクロラプトル

ミクロラプトル

最も小さな恐竜で、体長は50cmほどしかありません。発見された化石には羽毛が存在し、鳥のように空を飛ぶことができた可能性が高いとされています。

名前 ミクロラプトル
名前の由来 とても小さい泥棒
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀前期
体長 約50cm

体長1~5mの人気の恐竜

コエロフィシス

コエロフィシス

体長3メートルほどの小型の恐竜で、化石の腹部から同種の化石が発見されたため、共食いの習性がある恐竜とされています。

名前 コエロフィシス
名前の由来 中空型
分類 竜盤目ケラトサウルス類
生息時代 三畳紀後半
体長 約3m

マッソスポンディルス

マッソスポンディルス

「伸びた脊髄」が名前の由来であることから分かるように、細長い首と尾を持つ縦に長い草食型の恐竜です。

名前 マッソスポンディルス
名前の由来 がっしりした脊髄
分類 竜盤目古竜脚類
生息時代 ジュラ紀前半
体長 約4m

オスニエリア

オスニエリア

体長1.4メートル程度の小型の恐竜で、短い手と長い脚を持つ軽快な動きをする草食恐竜です。

名前 オスニエリア
名前の由来 発見者の名に由来
分類 鳥盤目鳥脚類
生息時代 ジュラ紀後半
体長 約1.4m

デイノニクス

デイノニクス

恐竜の中では大きな脳を持っていることから、知能が高く集団で狩りをしていたとされる肉食の恐竜です。自分よりも大きな草食動物を襲っていた形跡もあり、どう猛な性格をしていたとされています。

名前 デイノニクス
名前の由来 おそろしい爪
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀前期
体長 約2.5~3m

ヒプシロフォドン

ヒプシロフォドン

草食動物ながらも顎には30本近い歯があり、食べた植物を噛み砕いて食べていたとされています。基本的には二足歩行で、脛から下が長いことから足が速かったされる恐竜です。

名前 ヒプシロフォドン
名前の由来 高いうねった歯
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀前期
体長 約2.5~3m

ベロキラプトル

ベロキラプトル

細くて長い尻尾が特徴的で、大きな鉤爪と鋭い歯を持っています。走る速度は時速60kmと機敏であることから、「敏捷な盗人」が名前の由来となっている恐竜です。

名前 ベロキラプトル
名前の由来 敏捷な盗人
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀後期
体長 約1.5m

パキケファロサウルス

パキケファロサウルス

頭頂部にドーム状の硬くて厚い骨が特徴の恐竜です。あまりに特徴的な頭をしていることから、頭の骨をぶつけ合うことで、群れの中での優先順位をつけていたのではないかとされています。

名前 パキケファロサウルス
名前の由来 厚い頭をもつトカゲ
分類 鳥盤目バキケファロサウルス類
生息時代 白亜紀後期
体長 約3.5~4m

<こちらもおすすめ♪>
変わった見た目のオモシロ恐竜たちを紹介するよ!風がわりな形態の特徴や進化の理由を解説

変わった見た目のオモシロ恐竜たちを紹介するよ!風がわりな形態の特徴や進化の理由を解説

2018.09.09

オルニトミムス

オルニトミムス

ダチョウ恐竜とも言われるオルニトミムス科を代表する恐竜で、三本指の脚、細長い腕、長い首、鳥のような頭のような特徴を持つ、まさにダチョウのような見た目の恐竜です。

名前 オルニトミムス
名前の由来 鳥もどき
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀後期
体長 約3.5m

体長5m~10mの人気の恐竜

プラキオサウルス

ブラキオサウルス

全長は7mほどで最古の大型草食恐竜と言われています。ずんぐりむっくりな身体で二足歩行で描かれることも多いですが、実際は四足歩行で移動することも多かったとされています。

名前 プラキオサウルス
名前の由来 平らなトカゲ
分類 竜盤目古竜脚類
生息時代 三畳紀後期
体長 約7m

ディロフォサウルス

ディロフォサウルス

頭頂部に半月状のトサカを持っている恐竜です。ただし、トサカは非常に脆いため、戦闘で使われることはなかったようです。ジュラシックパークではエリマキトカゲのような姿で登場しましたが、実際は映画のような襟飾りはありません。

名前 ディロフォサウルス
名前の由来 二つの隆起をもつトカゲ
分類 竜盤目ケラトサウルス類
生息時代 ジュラ紀前期
体長 約6m

ステゴサウルス

ステゴサウルス

背中にゴツゴツとした骨の板が互い違いに並んでいるのが特徴の恐竜です。背中の骨は肉食恐竜からの攻撃の防御や、体温調節のために使われていたようです。

名前 ステゴサウルス
名前の由来 屋根トカゲ
分類 鳥盤目剣竜類
生息時代 ジュラ紀後期
体長 約6~9m

バリオニクス

バリオニクス

発見された化石の消化器部分には魚の鱗があったことから、魚を捕獲して食べていたとされています。前足に30センチほどの長い爪があり、クマのように腕を振るって魚を捕獲していたようです。

名前 バリオニクス
名前の由来 重々しいつめ
分類 竜盤目テタヌラ類
生息時代 白亜紀前期
体長 約9m

イグアドン

イグアドン

鋭く尖った15センチほどの長い親指が特徴で、初めて化石が発見された当初は、長い親指部分は鼻先にある角として復元されていました。

名前 イグアノドン
名前の由来 イグアナの歯
分類 鳥盤目鳥脚類
生息時代 白亜紀前紀
体長 約10m

アンキロサウルス

アンキロサウルス

背中に楕円形の骨板の装甲を持ち、尻尾の先端には大きな骨塊を特徴とする恐竜です。尻尾の先端の骨塊をハンマーのように振り回し、強力な肉食恐竜から身を守っていたとされています。

名前 アンキロサウルス
名前の由来 連結したトカゲ
分類 鳥盤目鳥脚類
生息時代 白亜紀後紀
体長 約7~9m

ハドロサウルス

ハドロサウルス

後足は前足より長く、基本的には四足歩行で生活しているが、敵から逃げるときなど緊急時には二足歩行で時速45kmのスピードで走ることも可能とされています。

名前 ハドロサウルス
名前の由来 大きいトカゲ
分類 鳥盤目鳥脚類
生息時代 白亜紀後期
体長 約9m

エウオプロケファルス

エウオプロケファルス

全身が装甲に覆われており、尻尾にはアンキロサウルスと同じように先端にハンマーのような骨塊がついています。大きな口ばしがあるが歯はとても小さく、柔らかい植物を主食としていたとされています。

名前 エウオプロケファルス
名前の由来 充分に装甲された頭
分類 鳥盤目曲竜類
生息時代 白亜紀後期
体長 約6m

トリケラトプス

トリケラトプス

名前の由来である「三本の角のある顔」からも分かるように、鼻の上に1本と目の上に2本の計3本の角を持つのが特徴の恐竜です。自慢の角は戦闘のときでも活躍し、大型の肉食恐竜でも鋭い角と硬い皮膚を持つトリケラトプスを襲うのは容易ではなかったはずです。

名前 トリケラトプス
名前の由来 3本の角のある顔
分類 鳥盤目角竜類
生息時代 白亜紀後期
体長 約9m

マイアサウラ

マイアサウラ

恐竜の中で初めて巣を作って子育てをしていたとされており、名前も「良母トカゲ」という意味が込められています。発見されたマイアサウラの巣には、地面に直径1m・深さ50cmほどの穴があり20個以上の卵があったようです。

名前 マイアサウラ
名前の由来 良母トカゲ
分類 鳥盤目竜脚類
生息時代 白亜紀後期
体長 約12m

パラサウロロフス

パラサウロロフス

頂部から後方に長く伸びたトサカが特徴的な恐竜です。このトサカは雌よりも雄の方が長く、求愛や威嚇目的であるディスプレイとしても使われていたとされています。

名前 マイアサウラ
名前の由来 良母トカゲ
分類 鳥盤目竜脚類
生息時代 白亜紀後期
体長 約12m

ランベオサウルス

ランベオサウルス

頭頂部にあるトサカが特徴的な恐竜です。トサカ部分の内部は空洞になって鼻腔に繋がった構造になっており、強力な嗅覚や非常に大きな声を出すことができたと考えれられています。

名前 ランベオサウルス
名前の由来 ランペのトカゲ
分類 鳥盤目竜脚類
生息時代 白亜紀後期
体長 約9m

プテラノドン

プテラノドン

映画やゲームなどにもよく出演し、翼を持ち空を飛ぶ恐竜の中では最も有名で人気の恐竜と言えるでしょう。羽を広げると全長9mほどになり、巨大な羽を使ってグライダーのように空気の流れに乗りながら飛んでいたようです。

名前 プテラノドン
名前の由来 翼があり歯がない
分類 翼指竜亜目類
生息時代 白亜紀後期
体長 約9m

体長10m以上の人気の恐竜

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

体長が25m以上もある超巨大な恐竜で、前足が後足よりも長いことから「腕トカゲ」という意味の名前がつけられている。巨大な身体を支えるために池や湖に浮遊して生活していたとされていますが、現在はこの説は否定されているようです。

名前 ブラキオサウルス
名前の由来 腕トカゲ
分類 竜盤目竜脚類
生息時代 ジュラ紀後期
体長 約25m

セイスモサウルス

セイスモサウルス

体長が35mを超える超巨大恐竜で、現在までに見つかった中で最大の恐竜です。推定体重は40トン前後あることから、名前には「地震トカゲ」という意味が込められています。

名前 セイスモサウルス
名前の由来 地震トカゲ
分類 竜盤目竜脚類
生息時代 ジュラ紀後期
体長 約35m

アロサウルス

アロサウルス

全長10mを超える大きな身体を持ちながら、鋭く大きな歯を多数備えており、ジュラ紀後期の時代では食物連鎖の頂点に立ち最強と言われる恐竜です。大型の恐竜を襲う恐ろしい捕食者であったことから、あのティラノサウルスとセットで語られることが多いです。

名前 アロサウルス
名前の由来 別のトカゲ
分類 竜盤目カルノサウルス類
生息時代 ジュラ紀後期
体長 約11~12m

<こちらもオススメ♪>
最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他

最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他

2018.09.09

アパトサウルス

アパトサウルス

全長が21mを超える超大型の恐竜です。群れで行動する習性があるため複数体で移動しながら、森の葉っぱを主食としていたとされています。

名前 アパトサウルス
名前の由来 人をまどわすトカゲ
分類 竜盤目竜脚類
生息時代 ジュラ紀後期
体長 約21m

サルタサウルス

サルタサウルス

背中の装甲が特徴的な恐竜で、豆粒ほどの骨状の粒やこぶし大の骨板を背中に持つのが特徴です。

名前 サルタサウルス
名前の由来 サルタトカゲ
分類 竜盤目竜脚類
生息時代 白亜紀後期
体長 約12m

ティラノサウルス

ティラノサウルス

地球史上最大級の肉食の陸上動物として、最も知名度があり人気のある恐竜でしょう。鋭い歯が多数並んでおり、他の肉食恐竜よりも大きく分厚く、他の恐竜からも恐れられる最強の恐竜と言われています。身体の割にとても小さく指が2本しかない手を持っていますが、片手で200kgのピアノが持ち上げられるなど非常に強い力も兼ね備えていました。

名前 ティラノサウルス
名前の由来 暴君トカゲ
分類 竜盤目コエルロサウルス類
生息時代 白亜紀後期
体長 約13m

最後に

たくさんの種類の恐竜をご紹介させていただきましたが、あなた好みのお気に入りの恐竜は見つかったでしょうか?

個人的には最大の恐竜であり「地震トカゲ」の名を持つ、セイスモサウルスが一番のお気に入りです。やっぱり最大の恐竜ってのが男心をくすぐるロマンだと思いませんか?笑

スポンサードリンク














押すか押さないかはアナタ次第

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です