恐竜はなぜ絶滅したか?隕石衝突や氷河期到来など恐竜が絶滅した原因をまとめてみた!

恐竜絶滅




どうも、@mystery777です。

今から約6500年前のジュラ紀後期の時代に、約1億7000万年と長い年月をかけて繁栄してきた恐竜が絶滅してしまいました。

恐竜だけではなく他の爬虫類や哺乳類など、全生物の70%近くが絶滅したまさに「大量絶滅」によって恐竜はこの地球から姿を消したのです。

恐竜が絶滅した原因は科学的に検証されているものからオカルトチックなものまで諸説あり、ここでは現代における恐竜絶滅説の中でも有名な原因について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

有力とされる恐竜の絶滅原因の条件

前述したように、恐竜が絶滅した同じタイミングで、地球上のほとんどの生物が絶滅してしまいました。

陸上生物だけでなく海洋生物の66%が絶滅しており、いくつもの異なる動物のグループが地球上から姿を消しています。

このことから恐竜を絶滅させた原因は、同時に滅んだ様々な生物の絶滅原因と同じである必要があります。つまり、恐竜だけに注目した絶滅説では意味がなく、それが他の動物の絶滅も説明できて初めて有力な説と言えるのです。

恐竜が絶滅した原因とされる説まとめ

恐竜が絶滅した原因まとめ
  1. 隕石衝突で絶滅した説
  2. 氷河期到来により絶滅した説
  3. 海水が低下して絶滅した説
  4. 火山の噴火によって絶滅した説
  5. アルカロイド中毒で絶滅した説
  6. 二酸化炭素の減少で絶滅した説
  7. 地球磁気が逆転したことで絶滅した説
  8. 恐竜が老化して絶滅した説
  9. 謎の惑星ネメシスによって絶滅した説
  10. 恐竜のおならによって絶滅した説

恐竜は隕石衝突で絶滅した説

恐竜が絶滅した原因で最も有名な学説が、宇宙から振ってきた巨大隕石によって絶滅したとされる隕石衝突説です。

衝突した隕石の大きさは、いくつかの証拠から直径10kmで、衝突した隕石は厚さ30kmの地殻を突き抜けて、地球の中心部であるマントルにまで到達したのではないかとされています。

ちなみに勘違いをしている人も多いですが、実は隕石が衝突した衝撃によって恐竜が絶滅したわけではありません。

正しくは、隕石の衝突によって大気圏に舞い上がった大量のチリが太陽光をさえぎり、太陽の光を失った地上は温度が低下することで植物が光合成出来なくなってしまい、結果として地球上の生態が壊れたことが原因です。

一方で、隕石が衝突する以前に既に多くの恐竜や生物は絶滅していたという説もあり、隕石衝突以前に恐竜たちを絶滅させる他の原因があるのではないかとも言われています。

氷河期到来により恐竜が絶滅した説

隕石衝突説と方を並べる有力な説が、気温が低下したことで恐竜が絶滅したとされる氷河期到来説です。

恐竜が絶滅する以前にも地球上では大規模の生物絶滅を繰り返しており、実際に大量絶滅が発生した時代に、氷河期の到来があったことが証明されています。

一旦氷河が形成されると太陽の光は反射してしまうため、いっそう地上の気温は低下してしまいます。気温が低下すると植物も育たず地球の生態系は崩壊するので、結果として恐竜も絶滅してしまったと考えられています。

海水が低下して恐竜が絶滅した説

大量絶滅の時代の地層を探すため地質学者や古生物学者が研究したところ、恐竜が絶滅した時代は海水準が低下し、浅海が低下していることが分かっています。

海水準が上昇したときは生物が繁栄し、低下したときには絶滅が起こるという相関関係も証明されています。

ただし海水準が低下して絶滅するのは全生物の13%ほどで、恐竜の大量絶滅とは直接関係ないと反論を唱える人も多いようです。

火山活動によって恐竜が絶滅した説

恐竜が絶滅した白亜紀後期は多くの地方で激しい火山活動が起きており、恐竜が絶滅したのは火山の噴火による環境変化によるという学説が火山活動説です。

噴火した火山によって大気中にエーロゾルという粒子が舞い上がり、太陽の光は反射され日光は著しく減少し、さらに酸性雨が引き起こされたことで生物の大量絶滅に繋がったとされています。

アルカロイド中毒で恐竜は絶滅した説

白亜紀後期に誕生した植物の中には、アルカロイドという有毒物を含むものが多く、これを食べたために恐竜は絶滅したという説です。

実際に多くの恐竜がアルカロイド中毒で死んだとされていますが、海洋生物の絶滅については説明できないため大量絶滅の原因とはならないとされています。

植物の光合成による二酸化炭素の減少で絶滅した説

恐竜が絶滅した白亜紀は大量の被子植物が繁殖した時代であり、大量の植物による光合成によって大量の二酸化炭素が消費されたと言われています。

植物によって変化した大気中の成分濃度は、恐竜たちにとって絶滅に追い込まれるほどの変化だったのかもしれません。

地球磁気が逆転して恐竜は絶滅した説

地球ではこれまでにも磁極が反転することが確認されていますが、磁極が反転する際に地球を覆っている地磁気(地球により生じる磁場)が一時的に消滅するとされています。

地磁気は宇宙からの宇宙線や放射能から守ってくれる役割があるので、その地磁気が消滅してしまったことで恐竜達が絶滅してしまったと考えられています。

恐竜が老化して衰退した説

隕石や火山などの自然災害ではなく、恐竜自体が種族として老化し絶滅したとされる説もあります。

謎の惑星「ネメシス」による絶滅説

太陽には未知の惑星「ネメシス」があり、このネメシスは周期の関係で2600万年の周期で隕石を地球に振らせ生物を絶滅させていたと考えれられています。

恐竜のおならによる温室効果によって絶滅した説

恐竜のおならには大量のメタンガスが含まれており、メタンガスによって地球上の気温が急激に上昇し、生態系が崩壊したことで恐竜は絶滅したという説です。

そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、実際に人間のおならやげっぷにもメタンガスは含まれており、人間よりもずっと大きな体の恐竜たちが排出するメタンの量は相当なものだったようです。

最後に

恐竜が絶滅したとされる大量絶滅の原因は、科学的にも有力とされる説から思わず本当?と疑ってしまう説まで諸説ありますが、確信的な原因は未だ判明していません。

なぜあれだけの長い歴史をもった恐竜たちが突然絶滅したのか、その事実が一刻も早く明らかになって欲しいと願うばかりです。

以上、「恐竜はなぜ絶滅したのか?恐竜が絶滅した原因」についてでした。

信じるか信じないかは、アナタ次第!( ゚д゚ )

<こちらもオススメ♪>
人気の恐竜の種類を大きさ別に紹介!超小型恐竜から超大型恐竜まで人気恐竜の種類を解説してみた
最新の研究で分かったティラノサウルスの全貌を徹底解説!最強の恐竜は実は弱い、羽毛が生えてダサいって本当?
最強の海洋恐竜『モササウルス』の全貌を徹底解説!強さや大きさ・絶滅理由など最強の古代生物の謎に迫る!

スポンサードリンク














押すか押さないかはアナタ次第

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です